山元町へ発送&到着

半月前ぐらいの話になりますが。。。
DSCN1480山元町発送

DSCN1491山元町発送

洗浄して綺麗にした山元町の写真たちを
金ちゃんが最終チェックして手続き&発送しました。
この写真たちが持ち主さんの手元に早く戻りますように…。



それから、発送日のちょっと前ですが、
山元町から未洗浄のアルバムが届きました。
こちらは、次回の活動から洗浄に着手することになります。
DSCN1483山元町から
↑届いたアルバム写真を陰干し中


現在、11月11日(日)阿東会場、18(日)周南会場、24日(土)阿東会場の活動の参加者を募集中。
この時期は、阿東は紅葉の山々、周南は黄色い銀杏並木を楽しめるハズ…。
道中に深まる秋を感じながら、写真洗浄ボランティア活動に参加されませんか?


ブログ担当:イッチィ

陸前高田市長講演会

私達「あらいぐま作戦in山口周南」が
写真洗浄で御世話になっている岩手県陸前高田市。。。


その陸前高田市の市長である戸羽 太 氏の講演会が
10月18日(木)夜、山口県立大学にて開催され、しんさんと私イッチィが出席しました。
(リーダー:金ちゃんは、県外出張中で行けず…)
P1070852講演会
戸羽市長は、市長就任一ヶ月後に震災に遭われ、
大勢の市民の命とともに大切な奥様も津波で失われました。

住民の意見をとりまとめることの難しさ、
国の縦割り行政が復興に弊害を出していること、
妻を救えなかった悔しさ…などの辛い胸の内を語られるとともに、
「市長として必ず陸前高田市を素晴らしい街にしたい」
「父親として夫として、子供が大人になるまで見守り続けたい」との熱い願い、
そして、「被災地を忘れないで欲しい」と、締めくくられました。


講演会の後、山口市内のホテルで開催された交流会にも参加しました。
P1070873交流会
戸羽市長さんと直接お話をするチャンス到来!
山口県内で陸前高田市の写真の洗浄活動をしていることを話すと、
「ありがとうございます」と、深々と頭を下げられました。

ご自身も、全ての写真を津波に流され、
後に何枚か奥様が写っていらっしゃる写真が見つかったそうです。
その写真を見ると、不思議ととても落ち着かれるとのこと。。。

今は御守りとして、
写真を基に描いてもらった似顔絵を携帯に取り込んで持ち歩いているそうで、
サッと胸ポケットから携帯を取り出され、
ニッコリ微笑まれている可愛らしい奥様の似顔絵を拝見させていただきました。
写真を心のよりどころにしていらっしゃるお話を伺い、また改めて写真の大切さを感じました。
P1070886交流会


私達の山口での写真洗浄ボランティア活動も、
震災を風化させないための被災地支援の一つにあたるのではないでしょうか…。
広く多くの人に私達の活動を知ってもらい、
一度でも良いから一緒に洗浄活動に携わってみて、
被災地のことを心に気に留めてくれる方が増えてくれることを願います。



<オマケ>ゆるキャラ参上!
P1070863講演会
陸前高田市の「たかたのゆめちゃん」と、山口市の大内人形「おおちゃん」と「うっちー」


ブログ担当:イッチィ

東北行脚の旅報告(その4)

8/12の夜は、
案内してもらった復興商店街の中のお店で、
ホッキ貝のお刺身やイカの一夜干しなどを戴きました。
P1060948高田
今まで食べたことがあるホッキ貝と言えば、
茹でて先っぽが赤くなったものですが、ここでは、新鮮な生のホッキ貝!
コリコリ歯応えよく、美味しかったです。



翌日の8/13の朝5時…。
P1060961旧矢作小
宿泊した陸前高田市の旧矢作小学校を出発し、
視界不良。。。濃霧の中、三陸沿岸部を南下。
陸前高田~気仙沼辺りの景色は、霧で全然見えず…。

南三陸町に少し寄ってから、高速道路に乗り、ひたすら山口に向けて走行。
所々で、尋常じゃないぐらいの激しい雨に降られて大変でしたが、
翌日8/14の早朝に5名全員、無事山口に帰り着きました。

山口~宮城・岩手までの往復全ての走行距離は、なんと約3,000km。
男性2人が交代で運転…(長距離運転、ありがとうございました)。

2泊5日という弾丸ツアーですが、
今後の写真洗浄活動に生かすべく、中身のとても濃い価値のある旅となりました。



○あらいぐま山口を代表して東北行脚に参加された皆さん、ハードな行程で申し訳
 ありませんでした。 大変お疲れさまでした。
 所感ですが、洗浄・再アルバムのクオリティーについては、他の団体さまと肩を
 並べても遜色のないレベルでした。コアメンバー及び参加された皆さんの気持ち
 のこもっ た作業の成果だと思います。
 今回、3カ所の返却会場と1カ所の洗浄作業場を視察しましたが、それぞれの場
 所で今後につながる資材や技術を拝見させていただきました。そして何より、写
 真をきれいに洗浄してお返しする意味・意義を肌で実感することが出来ました。
 言葉での表現が難しいのですが、追々あらいぐまの会場でお話ができたらと思い
 ます。
 発災から月日が経ち、現地の様子、生活、考え方が徐々に変化していますが、私
 達の活動は、現地のニーズがある限り継続していきますので、今後ともよろしく
 お願いいたします。
                             あらいぐま作戦in山口 金子寿徳



ブログ担当:イッチィ

東北行脚の旅報告(その3)

8月12日。。。
前日に仙台市から岩手県陸前高田市入りし、
男女分かれて泊まった宿泊施設より、朝合流して、陸前高田市ボランティアセンターへ移動。
ここで、2人は瓦礫撤去&泥かき作業へ。
DSC_1599ボラセン

DSC_1576ボラセン
2人が出発する前に気合いを入れるため、皆でガッツポーズ!




残りの3人は、市内にある『思い出の品返却会場』へ向かい、
山口から持参した洗浄済み写真たちを
Aさんをはじめ、こちらの職員さん達に手渡しました。
DSC_1627高田
早速、確認してもらい、
名前や住所など個人が特定できる写真たち、
また、職員さんのお知り合いが写っている写真たちは、
電話帳で調べて連絡してくださったりして、持ち主さんが数件判明!!!

「後日、引き取りに来る」とのお話でしたが、
なんと!!!
そのうち、お二組は、急遽、午後から写真を引き取りに来られました。

写真を懐かしく眺められ、とても喜んでらっしゃってて、
自分たちが洗浄に関わった写真が
ご本人の手元に戻るという感動的な場面に居会えるなんて、ちょっぴり興奮…(≧∇≦)

この嬉しさを一緒に記念写真が撮れたらいいなぁ…と思ったけれど、
そんな厚かましいお願いなど到底出来ず…。
声をかけれないまま、そのまま帰宅されました。


しかし、神様に願いが通じたのか???
「アルバムが戻ってきたことを記念に残したいから…」と、
私達と一緒に記念撮影するために、Uさん親子が帰宅後わざわざ戻ってきてくださいました。
思いが重なり、ビックリ!!!
もう、ウルウルきちゃうほど感激しちゃいましたーーー(;∇;)/~~
Uさん、ありがとうございます。
DSC_1638高田



DSC_1620高田
↑あらいぐま山口周南が洗浄仕上げたアルバムたちの棚、

DSC_1610高田

DSC_1613高田
↑他の洗浄団体さんのアルバムや写真を見させて頂いたり、


P1060923返却会場
↑2階で未洗浄の写真拭きのお手伝いをしたり、
気仙沼ボランティアで滞在中のあらいぐま仲間Y崎さんと会ったり…。



『思い出の品返却会場』のAさん、職員の方々、
お盆期間中で、写真を探しに来られる方への応対がお忙しいところ、
長時間お邪魔させていただき、ありがとうございました。

多くの方々の手元へ写真たちが戻ること、
そして、高田の街が確実に一歩一歩復興するよう願います。
DSC_1741高田


ブログ担当:イッチィ

東北行脚の旅報告(その2)

山元町より、仙台市へ移動。。。
仙台市内で写真洗浄活動をされている、
「おもいでかえる」さんの洗浄会場を見学させて頂きました。


DSC_1514仙台
武道場だったというこの建物…。壁にカエルちゃんマーク入り!


DSC_1552仙台
<受付コーナー>ここにも、可愛いカエルちゃんキャラクターがお出迎え!


DSC_1520仙台
しっかりしていて優しそうな素敵な女性…。
スタッフのCさんが丁寧に一つ一つわかりやすく説明してくださいました。
あらいぐま達が熱心に説明を聞いています。


DSC_1529仙台
<広々した会場内>洗浄に必要な道具がたくさん!


DSC_1533仙台
<小道具置き場>キチンと仕分けられていて、何がどこにあるか一目で判りますね。


DSC_1518仙台
<乾燥コーナー>凄い!家庭用のビニール温室! 写真ラックに乾燥機設置。
これなら、一度に多くの写真が確実に乾かせますね。


DSC_1543仙台
<休憩コーナー>ホッと一休みできそう。。。
座卓や食器・ポットのほかに、冷蔵庫や冷風機までも完備!!!


なんて、うらやましい環境なんデショ。
私達、あらいぐま山口周南は、活動日だけ会場を借りているので、
真似が出来ないところが多々あるけれど、
小道具や洗浄方法に関しては、かなり参考になりそうなものがありました。

DSC_1519仙台
<手作り写真立て>あらいぐま達が一番興味を持った手作りの写真立て。
さあ、、、うちの誰が作るかが問題…。(手先の器用な人、お願いしまーす(笑))

DSC_1546仙台
<真空パック詰め>あっ、これも凄い!
一つ一つラミネートした写真たちをポケットアルバムに入れ、
さらに、完成アルバム&乾燥剤を丸ごと真空パック詰め。
これなら、保管時の湿気を確実に防げますね。。。


工夫に工夫を重ね、
より良い写真・アルバムが持ち主さんへ手元に戻るよう、
かなり手間のかかっている作業をされていることを実感しました。
今後の活動の参考にさせていただきます。
予定時間を大幅に遅れてまいりましたのに、
とても親切にご説明してくださり、Cさん、ありがとうございました(*^o^*)




【その3に続く→→→】



<オマケ>
P1060901仙台
夕食は、仙台名物の牛タン専門店へ…。牛タン定食、とても美味しゅうございました。


ブログ担当:イッチィ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。