東北行脚の旅報告(その4)

8/12の夜は、
案内してもらった復興商店街の中のお店で、
ホッキ貝のお刺身やイカの一夜干しなどを戴きました。
P1060948高田
今まで食べたことがあるホッキ貝と言えば、
茹でて先っぽが赤くなったものですが、ここでは、新鮮な生のホッキ貝!
コリコリ歯応えよく、美味しかったです。



翌日の8/13の朝5時…。
P1060961旧矢作小
宿泊した陸前高田市の旧矢作小学校を出発し、
視界不良。。。濃霧の中、三陸沿岸部を南下。
陸前高田~気仙沼辺りの景色は、霧で全然見えず…。

南三陸町に少し寄ってから、高速道路に乗り、ひたすら山口に向けて走行。
所々で、尋常じゃないぐらいの激しい雨に降られて大変でしたが、
翌日8/14の早朝に5名全員、無事山口に帰り着きました。

山口~宮城・岩手までの往復全ての走行距離は、なんと約3,000km。
男性2人が交代で運転…(長距離運転、ありがとうございました)。

2泊5日という弾丸ツアーですが、
今後の写真洗浄活動に生かすべく、中身のとても濃い価値のある旅となりました。



○あらいぐま山口を代表して東北行脚に参加された皆さん、ハードな行程で申し訳
 ありませんでした。 大変お疲れさまでした。
 所感ですが、洗浄・再アルバムのクオリティーについては、他の団体さまと肩を
 並べても遜色のないレベルでした。コアメンバー及び参加された皆さんの気持ち
 のこもっ た作業の成果だと思います。
 今回、3カ所の返却会場と1カ所の洗浄作業場を視察しましたが、それぞれの場
 所で今後につながる資材や技術を拝見させていただきました。そして何より、写
 真をきれいに洗浄してお返しする意味・意義を肌で実感することが出来ました。
 言葉での表現が難しいのですが、追々あらいぐまの会場でお話ができたらと思い
 ます。
 発災から月日が経ち、現地の様子、生活、考え方が徐々に変化していますが、私
 達の活動は、現地のニーズがある限り継続していきますので、今後ともよろしく
 お願いいたします。
                             あらいぐま作戦in山口 金子寿徳



ブログ担当:イッチィ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。